レーザー脱毛と光脱毛

エステサロンでは、光脱毛を行っており、医療機関では、レーザー脱毛を行っています。
これらの違いは何なのか。また、それぞれの比較を行っていきます。

レーザー脱毛は2000年11月に厚生省から「医師しか行えない医療行為」とする通知が出されており、エステ等の医師免許を所持しない人が施術をした場合、医師法違反に問われることとなっています。そのため、エステは光脱毛を行い、医療機関はレーザー脱毛を行うという構図ができあがりました。
この2つの脱毛方法の違いは、基本的には出力の違いです。両方法の原理は同じです。両方法とも、メラニン色素を含む毛に熱を蓄積させ、メラニン色素の性質で熱が放出された際の熱エネルギーで毛母細胞を破壊します。エステでは原理が同じで、出力を抑えた光脱毛を行っているということです。

もちろん、高出力のレーザー脱毛の方が効果は高く、クリニックへ通う回数も少なく済みます。ここまでの内容だと、脱毛をしたいのであれば、光脱毛は選択すべきではないということになるかもしれません。
しかし、それぞれ一長一短があります。光脱毛は、確かに出力は低いのですが、それは同時に、痛みがさらに少なく、肌にトラブルが起きる可能性がさらに低いということです。痛い、施術後にトラブルが起こるのは絶対に嫌だという方には光脱毛がおすすめになります。

また、光脱毛には美肌効果が期待できるといったメリットもあり、エステはリラクゼーションを提供する場でもあります。そのため、リラクゼーション・美肌を目的としてついでに脱毛ということもエステでは行えます。
費用面を考えても、通常はエステで光脱毛を行う方が安くなります。とにかく安く抑えたいという場合も、光脱毛を選択肢に入れたほうが良いでしょう。しかし、出力が弱いために期待していた効果が得られずに、何度も施術してもらったために、レーザー脱毛を行うより高くついてしまったということもあるので注意が必要です。

効果・費用・痛みなどさまざまな比較項目がありますので、ぜひ比較検討してください。
自分がレーザー脱毛の痛みに耐えることができるか、自分の肌は施術後のトラブルが起きやすい肌なのか、光脱毛でも満足できる効果が得られるかなどといったことは、インターネットでの情報や口コミを見るだけでは把握しきれないでしょう。実際にカウンセリングで医師と話すことや体験コースに申し込むことで脱毛に対する理解を深めていくことをおすすめします。